走行距離からどう判断する?

中古車は走行距離が多いほど、価格が安くなるのが一般的です。確かに走行距離が多くなれば、キズや凹みといったような、見た目に何らかのデメリットが目立つようになる上、エンジンや部品の劣化も進みやすくなります。そうなれば価格が下るのも当然と言えるでしょう。実際に中古車の市場では走行距離が5万キロを超えると、価格もワンランク下がるのが通常です。

とはいえ、単に走行距離の多さを見ただけで、中古車の優劣を判断するのは禁物。例えば、走行距離が4万8千キロの中古車といっても、それまで無謀な運転にさらされ、オイル交換さえ全くしていないケースがあるかもしれません。その一方で、5万3千キロの走行距離であっても、オイルをこまめに交換するなど、日頃から丁寧に扱われていた中古車もあるはず。つまり単に走行距離の差だけで判断するのではなく、しっかりクオリティを見抜くことで、満足のいく中古車を低価格で手に入れることもできます。

年式を見るポイントとは?

走行距離と同様に、車両の年式も中古車選びの重要なポイントになります。中古車の市場では、低年式ほど価格も安くなるのが一般的。しかしどうせなら、できるだけ高年式で人気のあるクルマを手に入れたいものです。そこでおすすめしたいのが、希望の車種がフルモデルチェンジするのを、あえて待ってから購入する方法です。

中古車の市場は需要と供給のバランスで価格が決まるため、モデルチェンジ後の旧型車の価格も下がり始める傾向があります。そのタイミングを狙うことで、年式の比較的高い車両をお手頃な価格で手に入れることが可能になります。ただしフルモデルチェンジした新型車が不人気の場合には、旧型車の価格が依然として下がらないこともあるので、注意が必要です。