実物を見ることができない

中古車をインターネットで購入することには、わざわざ店頭に行かずに済むというメリットがある一方で、いくつか注意すべきデメリットもあります。その一つが、中古車の実物を見ずに購入しなければならないという点であり、実物を見てみたら写真と全く違っていたという可能性があり得るのです。中古車ディーラーはなるべく商品を美しく見せようとする傾向があるため、ネット上に掲載される中古車の写真には綺麗に写っているものだけが使用されていたりします。写真だけをみて購入を決めてしまうと、実物は見えないところに細かな傷があったり、車体のカラーが思っていたよりも暗かったという事態にもなりかねませんので、できれば購入前に実物を確認しておいた方が良いでしょう。

対面での条件交渉が行いにくい

中古車を購入する醍醐味の一つは、ディーラーとの間で価格などを交渉できるという点にあります。しかし、インターネットで中古車を購入する場合には、よほど慣れていない限りは、なかなかうまく価格交渉を行うことはできません。相手の顔色を見て、どれくらいであれば値下げしてもらえるかを探るという行動をとりにくいからです。もちろん、ネットで売買する際にも価格等の交渉は可能なのですが、相手の反応が読めないだけに、大胆な値下げを迫れず、結果的に高めの金額で購入せざるを得ないという状況に陥るケースは珍しくありません。そうならないためには、初めから欲しい車を決めずに、複数の車を検討しつつディーラーに値下げを迫るようにしてみると良いでしょう。